http://blog.livedoor.jp/bunkengaku/archives/26009150.html>
ことばの泉 辭典一册
【編者】落合直文
【成立・刊行】明治二十九年稿成り、同三十一年刊。なほ著者は本書刊行後、増補訂正に着手したが、業を終へずに歿したので、嗣子直幸は著者の門弟と共に増補の業を繼ぎ、五年を費して「大増補日本大辭典ことばのいつみ補遺」一册を明治四十一年に刊行した。補遺の部に收めた語は七萬餘である。大正の初年に至り、更に芳賀矢一が、十萬餘語を増補し、全部に改訂を加へ、「言泉」と題し、本文五卷・索引一卷とし、昭和四年から五年にかけて刊行した。
【内容】直文は「ことばの泉」を編纂するに際して二つの目的を有つてゐた。一つは、國語國文に關する一般的な事は、他に辭書を具へなくても、本書だけで事足るやうにといふ事、他の一つは、使用の便宜から、餘り浩瀚にならぬやうにといふ事であつた。その結果、所牧の語は古代かち現代に及び、語の種類は單に文學書類に見えるもののみでなく、政治・宗教・哲學・醫學・動植物に及び、又人名・地名・書名・年號等一般固有名詞をも含んでゐる。その結果、國語辭書とは云ふものの、一面百科辭書を兼ねたものである。而して大部なものにならぬやうにと計つたから、語釋は自然簡單である。所收の語彙十二三萬、これを五十音順に排列し、用例・出典なども簡單に擧げてゐる。
【價値】本書の特徴は、語彙の範圍が頗る廣い點に在る。然しこれは一面本書の缺點でもある。即ち簡單な事は本書で一通りは用を便ずるが、少しく專門的な方面に用ひようとすると、語彙に於ても不十分であり、語釋も要を得てはゐるが、簡單を旨としてゐるから十分とは云ひ得ない。その辭書としての史的地位は、「言海」(別項)に遠く及ばず、内容的價値に於ても「言海」を凌駕してゐるとは必ずしも云ひ得ないが、明治時代に於ける國語辭書としては、「言海」に次ぐものとして注意すべきである。なほ改修せられた「言泉」は頗る面目を改め、語彙の豐冨なことは、今日のところ國語辭書中第一である。然しその學術的價値は必ずしも「大日本國語辭典」(別項)の上にあるとは斷言し難い。
【參考】落合直文先生と其歌 早川幾忠(光五ノ七) 
       〔龜田〕


ことばの泉 一冊
 落合直文の著。明治三十一年刊。四十一年嗣子直幸?大増補日本大辭典ことばの泉補遺?」一冊刊行。昭和五年芳賀矢一?増補本「言泉?」出版完成。本書所收の語彙は古代から現代に及びその種類は政治・宗教・哲學・醫学乃至自然科學に及び固有名詞?も亦網羅してこれを五十音順?に配してゐる。その語彙「ことばの泉」十二・三萬、「補遺」に於いて更に七萬餘、「言泉」では更に十萬餘語を増補してゐる。國語辞書?と云ふものゝ百科辭典?の観がありその特徴は語彙?の豊富なるにあるが。その語釋の簡に過ぎるのは學術的價値の點から惜しむ可きである。
【參考】

   * 落合直文先生と其歌。[[早川幾忠]]「光」第五年七号。 

(亀田次郎「国語学書目解題」)

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/862876


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-15 (土) 12:29:53