昭和五十三年二月二十日 初版発行
平成二年三月二十日 二十版発行
北原保雄
徳川宗賢
野村雅昭
前田富祺
山口佳紀


  序にかえて――本書を使用する人のために…3
第一章  音声・音韻:・9
 一 単音
 二 音声と音韻
 三 音節
 四 アクセント
 五 音韻史

第二章 文字・表記
 一 文字の体系…23
 二 文字の形
 三 文字の機能
 四 文字列と表記規則
 五 漢字の機能
 六 文字・表記史

第三章  語彙
 一 単語…46
 二 語義…49
 三 語彙量…53
 四 語彙の出自と位相…57
 五 語彙史…60

第四章 文法・敬語・:63
 一 文法的な考え方…66
 二 文の成分…68
 三 単語と品詞分類
 四 活用しない自立語…73
 五 活用する自立語…75
 六 活用しない付属語――助詞…77
 七 活用する付属語――助動詞…80
 八 文の構造と文の種類・:82
 九 「は」と「が」
 一〇 敬語の分類…86
 一一 敬語の運用…89
 一二 文法史.:92

第五章 文章・文体…97
 一 文章の型…98
 二 文章の個性
 三 文章史

第六章 方言
 一 方言の実態・方言調査
 二 比較方言学
 三 方言地理学

第七章 言語生活
 一 言語使用の諸相
 二 変種
 三 言語発達・.言語教育

あとがき


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-25 (水) 00:56:16