『言語生活』第46号 昭和30.7 特集・〈片かなと平がな〉
国立国語研究所監修
筑摩書房発行
定価 60円

片かな平がな先習論の問題点 岩淵悦太郎・大石初太郎・柴田武・上甲幹一・高橋一夫・永野賢・村石昭三
(言語時評)政治の落語性 土岐善麿
(言語時評)言葉と合理主義 颯田琴次
(言語時評)口上 釘本久春 
池上禎造「明治以来の正書法」?
阪倉篤義「平がな用法の歴史(明治以前)」 ?
山田俊雄「過去におけるカタカナの用法の諸相」 
斎賀秀夫「総合雑誌の片かな語」?
(録音器)学園民主化! 
小学校の一年生に「かたかな」の学習をさせたらどういう結果がでたか 木藤才藏
にぎやかだった"かな"論義 高橋一夫


「ある」と「ない」 松浪信三郎
おもしろい話 畔柳二美
編集後記

片仮名
平仮名?


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-02-09 (水) 13:03:07