五木寛之? 小説

「奇妙な訛りの日本語」
東京訛りのある船乗りたち、関西弁の商人、」
九州弁訛り?を残した口調
「訛りの強い日本語」
「広東ふうの、ちょっとこの町ではあまり聞かない訛りの中国語」


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-05-11 (水) 23:14:06