名づけ
伊東ひとみ
キラキラネーム
新潮新書618
2015年5月20日発行
isbn:9784106106187


序章 「キラキラネーム」という名のミステリー 9
第一章 なんでもありの「キラキラ界」 22
第二章 なぜ読みにくい命名をするのか 49
第三章 無理読みは伝統だった 79
第四章 言霊がつくったややこしい状況 108
第五章 「読めない名前」の近代史 138
第六章 明治期のエリートはなぜ珍名を好んだのか 166
第七章 ついに「断層」が見えてきた 200
終章 「感字」、侮るべからず 235
あとがき
主要引用・参考文献 248-250

コラム
1 伝統の角界にも出現した「キラキラ四股名」 48
2 キラキラ人、わが大学に集まれ!?  78
3 タカラジェンヌはキラキラネームの元祖? 107
4 中国の驚きのキラキラネーム「@」 137
5 英語圏のDQNネーム事情 165
6 ああ、絶滅危惧ネーム「木綿子」 199
7 ラノベ作家はカルさが命!?  234

 『古事記』倉野憲司校注(岩波文庫)
 『日本書紀』坂本太郎・家永三郎・井上光貞・大野晋校注(岩波文庫)
 『萬葉集』(新日本古典文学大系)佐竹昭広・山田英雄・工藤力男・大谷雅夫・山崎福之校注(岩波書店)
 『続日本紀』(新日本古典文学大系)青木和夫・稲岡耕一・笹山晴生・自藤禮幸校注(岩波書店)
 『古語拾遺』斎部広成撰、西宮一民校注(岩波文庫)
 『枕草子』池田亀鑑校訂(岩波文庫)
 『紫式部日記 現代語訳付き』山本淳子訳注(角川ソフィア文庫)
 『新訂徒然草匸西尾実・安良岡康作校注(岩波文庫)
 『本居宣長全集』第二十巻 大野晋・大久保正編集校訂(筑摩書房)
 『玉勝間』村岡典嗣校訂(岩波文庫)

 『漢字源』改訂第五版 藤堂明保・松本昭・竹田晃・加納喜光編(学習研究社)
 『古典基礎語辞典』大野晋編(角川学芸出版)
 『名乗辞典』荒木良造編(東京堂出版)

 『たまひよ赤ちゃんのしあわせ名前事典 2013~2014年版』たまごクラブ編(ベネッセコーポレーション)
 『日本語の歴史』亀井孝・大藤時彦・山田俊雄榻(平凡社ライブラリー、平凡社)
 『日本語の誕生―古代の文字と表記』沖森卓也(歴史文化ライブラリー、吉川弘文館)
 『図解 日本の文字』沖森卓也・笹原宏之・常盤智子・山本真吾(三省堂)
 『漢字』白川静(岩波新書)
 『漢字百話』白川静(中公新書)
 『日本人の姓・苗字・名前──人名に刻まれた歴史』大藤修(歴史文化ライブラリー、吉川弘文館)
 『日本人の名前の歴史』奥富敬之(新人物往来社)
 『名前の禁忌習俗』豊田国夫(講談社学術文庫)
 『日本の女性名-歴史的展望』角田文衛(教育社歴史新書、教育社)
 『名づけの世相史-「個性的な名前」をフィールドワーク』小林康正(風響社)
 『読みにくい名前はなぜ増えたか』佐藤稔(歴史文化ライブラリー、吉川弘文館)
 『昭和を騒がせた漢字たち 当用漢字の事件簿』円満字二郎(歴史文化ライブラリー、吉川弘文館)
 『戦争とふたりの婦人』山本有三(岩波新書・特装版)
 『日本の漢字』笹原宏之(岩波新書)
 『漢字と日本人』高島俊男(文春新書)
 『日本語の歴史』山口仲美(岩波新書)
 『漢字からみた日本語の歴史』今野真二(ちくまプリマー新書)


トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-10-31 (月) 22:05:57