矢田部達郎
1942
「古語に於ける「てには」の意義」
『文学研究』32(九州大学)
http://www.box.com/s/pyqhqn0i19f5xspiu35n

矢田部達郎『言葉と心』


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-29 (土) 17:13:35