鮎川哲也
推理小説

角川文庫による

p.57 東北の生まれにしては訛りがないのが妙でした。主人はおさない頃に郷里をでたものだから、それで言葉がなおったのだろうかと
p.108 やわらかなニュアンスの京言葉
p.120 「男性の京都弁というのは、あまりいかさないもんですなあ」


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-05-11 (火) 00:22:18