木崎ちあき
小説
博多弁会話
2014

生まれも育ちも博多で、二十八年間ずっと福岡で過ごしてきた。訛りの強い喋り方をする。

喋り方はゆっくりで、博多訛り?が強い

あとがき
私は生まれも育ちも福岡市内ですが、生粋の博多っ子?ではないので、作中に登場する博多弁にちょっとしたブレがあるかもしれません。ただ、『ばい』と『たい』の違いなど、言葉のニュアンスには気を配ったつもりですので、博多の雰囲気を楽しんでいただけたらいいな、と思います。

十巻まである由


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS