http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/ingaku/okai90.htm>
韻學捷徑切韻纂要 寫本二卷、淺草文庫?の舊藏で今は内閣文庫?西村重慶?求源抄?磨光韻鏡餘論による、未見)や諸抄大成?を引いて居るから今こゝに序でる。上卷には聲音?の源・五十字?の起り附梵漢字などの題目を立てゝ之を説き・下卷は全く十二反切?を述べて居る。三十六字母から知徹澄孃?を除いて居るも韻會?あたりの影響。書中徃々韻學私言?仲敬?の説(ともに漢文)とを引くが今その存否を知らぬ。
岡井慎吾『日本漢字学史』p326

内閣文庫蔵

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/kokusyokaidai/i/kokusyo_i094.html>
ゐんがくせふけいせつゐんさんえう、
   韻學捷徑切韻纂要 寫本二巻
               服部恒齋
 音韻を論じ、反切法を辨じ、悉曇音の事等を論述す

http://ci.nii.ac.jp/naid/120000980187/


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS