#author("2020-07-25T21:40:31+09:00","default:kuzan","kuzan")
#author("2020-07-25T21:49:30+09:00","default:kuzan","kuzan")
[[杉本つとむ]]
#amazon(4487797438, , )
#amazon(4487801516, , )

コトバ・ことば・言葉一「まえがき」に代、凡て

第一章 どら息子のどさくさ
 どら息子一どら息子の好物はどら焼き 
 どさくさ一そんな草があるの?
 猫撫ぜ声-猫ババにもご用
 ピンぼけーオートフォーカスのカメラだったら?
 ピンからキリまでーピンキリって何語?
 馬鹿一親馬鹿も馬鹿正直もほどほどに
 咎一天罰は咎か罪か?

第二章 御小水から癌
 御小水一江戸っ子のやさしさ
 癌一東洋は岩、西洋は蟹
 花粉一花粉は精子
 モルヒネー麻酔薬、モルヒネが江戸時代に登場
 藪医者-昔も今も医術は藪の中
 パップーパップは湿布、オランダ語?
 衛生-衛生は文化のバロメータ
 気の毒-気の楽ならありがたい
第二章 てんやわんやで天手古舞い
 てんやわんや一「ハンコはどこ?」で、てんやわんや
 天手古舞い一「手古」は手こずるの仲間
 ひけ1押して駄目なら引いてみよ
 びっくり1驚いてひっくりかえす?
 絆し一ついつい情にほだされて
 まさか一まさかの別名は奇蹟
 八つ当たり一日本人は七つより八つを好む
第四章 お陰さまでつとめる
 お陰さまで一あの方のカゲを慕って
 つとめるi天才とは九十九%の努力
 骨ーラーメンつくりの骨とはいわない
 駆け引き一人生は駆け引きそのもの
 光一iピカドンを忘れてはならぬ
第五章 鈍遅で鈍間
 鈍遅ードジはどうして「踏む」ものなの?
 鈍間-頓間・間抜けの友人である
 爪弾きi紫式部も樋口一葉も
 無礼るi光源氏は女性をなめなかった
 無けなし1江戸にはなけなしの美女がいた
 跋がわるい一×いちでわるいか
 勘繰る一いい加減な勘は山勘
 切口上i言葉も切れるように磨けよ
第六章 湿濃くってややこしい
 湿濃い一湿気が濃いの?
 ややこしい一「ややこ」って幼児のこと?
 下らない一「上らない」はないの?
 決まり悪い1国の「決まり」は憲法である
 辛い1人生は辛いか甘いか
 口惜しい1口は「朽」はてること
 つらい一君が心のつらければ
 汚いーココロがきたないと

第七章 月並で御の手
 月並一お月様が並んでいるわけでは
 御の字-仲間に惚の字がある
 今日1きのうは? おとといは?
 縁-緑児は緑色?
 銀行一なんで金ではなく銀?
 石狩川-石で狩りをするわけではない
 扶桑一神木のある国
 名前-名前をあげることはない
 話1はなしとは放言の意である
索引

あとがき


//青
//葵の前
//アクタ
//アクドイ
//朝寝ボウ
//味ケナシ
//当前
//網走
//阿片
//医
//イサクサ
//イザコザ
//石狩川
//一人前
//市松
//いとけなし
//イトケナシ
//幼(いとけ)ナシ
//今川焼
//イラ
//イライラ
//憂シ
//ウシロ
//うそ八百
//腕前
//噂
//衛生
//御
//おうな
//大手町
//お陰さまで
//オカゲハナイ
//おかげ参り
//おきな
//オクヤミ
//オシベ
//御小水
//お手前
//オトウ
//男前
//オトトイ
//オトトシ
//温和(おとな)しい
//オ前
//御の字
//
//力行
//鏡
//カゲ
//駆け引き
//カゲロウ
//霞ケ関
//カタジケナシ
//忝(かたじけ)ナシ
//カタナシ
//仮字(かな)
//花粉
//辛い
//カラガラ
//カラクモ
//カルタ
//かろうじて
//癌
//乳岩(かんから)
//勘繰る
//紀尾井町
//キザ
//汚い
//キタナシ
//汚ナシ
//キタナラシイ
//キヅナ
//昨日
//気の毒
//気前
//キマリ
//決まり悪い
//キメル
//今日
//きりきり舞い
//切口上
//銀行
//銀座
//金鍔
//下らない
//クダル
//クダン
//件の
//口惜しい
//クヤシ
//くやしがる
//クヤシン坊
//クヤミ
//
//---------------------[End of Page 1157]---------------------
//下(げ)
//今朝
//ケチンボウ
//決
//件
//御(ご)
//行
//口上
//白痴(こけ)
//痴人(こけ)
//痴呆(こけ)
//骨(こつ)
//骨法
//
//サ行
//細君
//サシヒキ
//札幌
//シケ
//静御前
//湿濃い
//シブトイ
//シャベル
//三味線
//小生
//焦点
//知床
//しんど
//しんどい
//水仙
//青雲
//腺
//ソロマ
//
//タ行
//第六感
//小鳥遊(たかなし)
//ダク
//竹の子医者
//弾指
//月並
//佃島
//つとに
//つとむ
//つとめて
//つとめる
//爪弾き
//罪
//つらい
//ツラシ
//ツレナシ
//テコマイ
//手前
//テレル
//テンテコ
//天手古舞い
//テンテン
//テンデン
//てんやわんや
//努
//東京
//咎(とが)
//科(とが)
//トキ
//どさくさ
//トサマカウサマ
//鈍遅(どじ)
//ドヂドヂ
//銅鑼
//虎門
//どら息子
//ドラモノ
//どら焼き
//トンス
//
//ナ行
//字(な)
//無けなし
//名乗
//名前
//ナメシ
//無礼(なめ)る
//奈良
//ナリ
//抜け参り
//猫可愛がり
//猫舌
//猫背
//猫撫ぜ声
//猫撫で声
//猫に鰹節
//猫に小判
//猫に木天蓼
//猫の額
//猫の目
//猫糞(ねこばば)
//ノサップ岬
//能登半島
//鈍間(のろま)
//のろ松
//
//場
//破家
//馬鹿
//はしたなし
//八十八夜
//跋
//---------------------[End of Page 1158]---------------------
//×いち
//跋がわるい
//パップ
//八方ふさがり
//ばつをあわせる
//話
//咄
//噺
//バラバラ
//孕む
//BANK
//為替会社(ばんく)
//光一(ぴかいち)
//ピカドン
//ビクビクスル
//ひけ
//引け
//退け
//引目
//びっくり
//ピンからキリまで
//ピンはね
//ピンぼけ
//扶桑
//フル
//ホダサレル
//絆し
//ほの字
//先斗町
//(ぽんとちょう)
//
//マ行
//前
//まさか
//まさしく
//まさに
//麻酔
//麻痺
//マンダラケ
//見クダス
//三下り半
//みっともない
//緑
//緑児
//メシベ
//持前
//モルヒネ
//紋切型
//
//ヤ行
//ヤタラ
//八つ当たり
//野巫(やぶ)
//藪医者
//山勘
//ヤヤ
//ややこ
//ややこしい
//ヤンチャ
//憂
//ヨモヤ
//
//ラ行
//両替屋
//緑雨
//狼藉
//鹿鳴館
//ロクロク
//
//ワ行
//分け前
//稚内
//ワンヤ
//をみな

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS