#author("2021-05-11T00:01:03+09:00","default:kuzan","kuzan")
#author("2021-05-11T00:22:18+09:00","default:kuzan","kuzan")
[[鮎川哲也]]
推理小説


角川文庫による

//5 押しのふとさ
//6 月寒という地名を、宇都宮の記者はツキサップと発音し、北海道出身の主婦はツキサムといった
//12 濃い髪
//15 実生流
//16 女工員
//30 刑部と書いてオサカベと読むのですよ
//34 ポケットからmfをとりだし
//37 ピケ帽
//44 いきおい言葉づかいも丁寧になる
//53 ハトロン紙の封筒

p.57 東北の生まれにしては訛りがないのが妙でした。主人はおさない頃に郷里をでたものだから、それで言葉がなおったのだろうかと
//59 意外に達筆
//60 相手の喋ることがまるきり判らない
//81 男女の醜関係
//87 炭酸紙 カナ文字のゴム印
//89 近頃はやりのカナ文字タイプで打ったようにみせかけてある
//95 和弓
//97 わけですじゃん
//103 ひとりごちた
//105 洒落気《しゃれけ》
p.108 やわらかなニュアンスの京言葉
//110 道路よりも一段とたかい敷地   光文社は「一段たかい敷地」
p.120 「男性の京都弁というのは、あまりいかさないもんですなあ」
//122 思い半ばをすぎる 光文社は「思い半ばにすぎる」
//125 煖房をとおす
//138 蒼黄色い
//144 喧騷な
//149 うすい化粧をはき
//165 棒焼き
//166 心理学でいうヒステリ型
//177 ペットネーム
//178 写真にとられてある
//204 画調
//208 通話を切った
//210 日脚がつまり
//211 密著を手にとると
//217 言いた気に

//245 解説 フィルムトリックで有名なのに土屋隆夫の「影の告発」、松本清張の「時間の習俗」などがあり、[…]横溝正史が「女王蜂」で

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS