#author("2020-09-18T09:52:30+09:00","default:kuzan","kuzan")
#author("2020-12-21T15:18:39+09:00","default:kuzan","kuzan")
#norelated
* FrontPage [#qb249ac2]

はてなグループに有った「国語史グループ」キーワード
http://web.archive.org/web/20191225013109/http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/keywordlist
の移転先候補です、
移転できたのは、まだ一部です。
の移転先ですが、移転できたのは、まだ一部です。

国語史学周辺の用語等をメモするものです。

最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
書誌としても不完全です。

岡島昭浩がやっております。 
一部、JSPS科学研究費の20K20698,15H01883,18520354などの恩恵を受けております。
管理者のみが編集しております。


はてなグループのキーワードは、文字列に対して自動的にリンクが貼られていましたので、それを流用したこのwikiに於て、さほど重要でないキーワードの方に、[[]]が附されていることになってしまっております。
はてなグループのキーワードは、文字列に対して自動的にリンクが貼られていましたので、それを流用したこのwikiに於て、さほど重要でないキーワードの方に、[[]]が附されていることになってしまっております((pukiwikiの自動リンクも試しましたが、当サイトではエラーが出ました))。
また、はてな記法とpukiwikiの記法の違いなどにより、見苦しい部分が残っておりますことをお詫び申し上げます。

*凡例 [#e422ce30]
立項の基準自体、気まぐれである((国語史学の「周辺」は、日本文学や言語学・日本史学などなど))。

項目の長さの制限があり、後の方を切らざるを得ない場合もある。

新旧漢字・新旧かな・異体字など、どれがメインの項目になるかは気まぐれである。



書名
「著者名『書名』」を基本とする。著者が多数である場合や、編者の場合は省略することもある。また、副題がある場合などは、「著者名『書名」という具合に、綴じの二重鉤括弧を含まない場合がある(徹底できず)。

論文名・作品名
「著者名「作品名」」を基本とする。ほか、書名と同様。

特集名(雑誌など)
〈〉

語形(新たに付す場合)
【】

タグ
#を使うようにしたが、[]も残っている。

括弧・鉤括弧など
鍵括弧の中に鉤括弧つきのものを入れる場合でも、もとの形を生かす。

>「かっこ」の研究

を括弧に入れる場合、

>「「かっこ」の研究」

として、

>「『かっこ』の研究」

などとしないことを基本とする((私はそうしない、という意味。人のつけた鉤括弧を引用する場合もあるので。直す場合もある。))。

『』を鉤括弧に入れる場合にどうするか、という問題もあるが、もとのままの方が、キーワードとしてヒットしやすい、というのも、このような形をとる理由である。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS