#author("2022-10-04T10:01:25+09:00","default:kuzan","kuzan")
#author("2022-10-04T10:10:58+09:00","default:kuzan","kuzan")
[[沖森卓也]]
ちくま新書
2017年
http://user.keio.ac.jp/~rhotta/hellog/2018-08-07-1.html

[[日本語史概説書]]

isbn:9784480069573
>>
古代前期
古代後期
中世前期
中世後期
近世
近代
<<


//はじめに
//  歴史を知る意義
//  日本語史の対象と方法
//  話しことばの歴史
//  日本語史の時代区分
//  分野別の記述
//  日本語史へのいざない
//第一章 古代前期――奈良時代まで
//  1 総説――古代語が確立する
//      古代前期とその言語
//      「万葉仮名文書」に口語の一端を見る
//  2 文字表記――日本語が漢字で書かれる
//      漢字の伝来
//      稲荷山古墳鉄剣銘
//      万葉仮名
//      漢字の音
//      字音の構造
//      音仮名の用法
//      訓の成立
//      訓と和化漢文
//      仮名文の原形
//  3 音韻――区別される音節の数が多い
//      上代特殊仮名遣
//      母音と子音
//      母音調和
//      頭音法則
//      母音交替
//      イ段乙類音とエ段音
//      連濁
//      音節構造とアクセント
//  4 語彙――固有語が用いられる
//      和語とは固有語か
//      和語と音節数
//      代名詞の語彙
//      動詞の語構成
//      形容詞の語構成
//      漢語
//      待遇表現の語彙
//      雅俗・男女差
//      方言
//      忌詞
//  5 文法――古代語法が形成される
//      動詞の活用
//      活用タイプの所属語
//      動詞活用の起源
//      命令形の由来
//      未然形と連用形の機能
//      連用形の由来
//      未然形の由来
//      終止形の由来
//      連体形の由来
//      連体形と已然形の類似点
//      已然形の用法
//      已然形の由来
//      上一段活用の由来
//      形容詞の活用
//      形容詞の活用の由来
//      ク語法
//      ミ語法
//      態の助動詞
//      推量の助動詞
//      過去・完了・継続の助動詞
//      断定・否定の助動詞
//      尊敬の助動詞
//      格助詞
//      接続助詞
//      副助詞
//      係助詞
//      終助詞
//      間投助詞
//第二章 古代後期――平安時代
//  1 総説――古代語が完成する
//      古代後期とその言語
//      漢文と仮名文
//      『源氏物語』に古典語を見る
//      階級と地域
//  2 文字表記――仮名が成立する
//      漢文の訓読
//      訓点の方法
//      片仮名の成立
//      草仮名
//      平仮名の成立
//      仮名の起源
//      句読点と濁点
//  3 音韻――音節が複雑に発達する
//      上代特殊仮名遣の崩壊
//      母音と子音
//      音韻の混同
//      「あめつち」と「たゐに」
//      いろは歌
//      五十音図
//      漢字音
//      声点とアクセント
//      名詞のアクセント
//      動詞のアクセント
//      形容詞その他のアクセント
//  4 語彙――漢語の使用が漸増する
//      代名詞の語彙
//      多彩な形容動詞語彙
//      和語と漢語
//      漢語の日本語化
//      混種語
//      和文語と漢文訓読語
//      待遇表現の語彙
//      丁寧語の発生
//      漢和字書の誕生
//  5 文法――古典文法が完成する
//      動詞の活用
//      形容詞・形容動詞の活用
//      音便
//      音便発生の理由
//      態の助動詞
//      推量の助動詞
//      その他の助動詞
//      格助詞
//      接続助詞
//      副助詞・係助詞
//      終助詞
//      間投助詞
//第三章 中世前期――院政鎌倉時代
//  1 総説――古代語が瓦解する
//      中世前期とその言語
//      口語の変化に着目する
//      『徒然草』に当時の口語を垣間見る
//  2 文字表記――仮名の使用が促される
//      東鑑体
//      真名本が生まれる
//      漢字の字体と書風
//      仮名で和語を書く
//      仮名使用の広がり
//      片仮名の使用者層
//      片仮名の字体
//      促音・撥音の表記
//      定家仮名遣
//  3 音韻――音韻が整理されていく
//      イとヰ、エとヱ
//      直音と拗音
//      鼻濁音
//      連濁と連声
//      開合
//      促音と撥音
//      漢字音の日本語化
//      東国方言の音韻
//  4 語彙――漢語が一般化する
//      代名詞の語彙
//      和語と漢語
//      和漢の混淆
//      唐音とその漢語
//      武家詞
//      待遇表現の語彙
//      国語辞典の出現
//  5 文法――古代語法が衰退する
//      連体形の終止法
//      係り結びの消滅
//      二段活用の一段化
//      ラ変活用の消滅
//      形容詞活用の一本化
//      連体形活用語尾「る」の脱落
//      形容動詞の活用
//      接続詞
//      態の助動詞
//      「しむ」をめぐる混乱
//      推量の助動詞
//      過去・完了の助動詞
//      断定・否定の助動詞
//      願望・希望の助動詞
//      格助詞
//      接続助詞
//      副助詞
//      係助詞
//      終助詞・間投助詞
//第四章 中世後期――室町時代
//  1 総説――近代語が胎動する
//      中世後期とその言語
//      外国語との交流
//      『天草本伊曽保物語』に口語の全容を見る
//  2 文字表記――文字の使用が広がる
//      キリシタン資料のローマ字つづり
//      印刷技術のもう一つの伝来
//      漢字
//      仮名
//      濁点・半濁点
//  3 音韻――現代語の発音に近づく
//      母音
//      子音
//      四つ仮名
//      連濁と連声
//      漢字音
//  4 語彙――外来語が登場する
//      代名詞の語彙
//      副詞の語彙
//      感動詞の語彙
//      現代語と異なる語形
//      漢語
//      ポルトガル語からの外来語
//      女房詞と武家詞
//      待遇表現の語彙
//      尊敬語
//      謙譲語
//      丁寧語
//  5 文法――近代語法が芽生える
//      二段活用の一段化の進行
//      動詞活用のヤ行化
//      動詞の命令形
//      可能動詞
//      テ形の発達
//      授受表現
//      形容詞
//      形容動詞
//      音便
//      形式名詞の「の」
//      態の助動詞
//      推量の助動詞
//      過去の助動詞とアスペクト
//      断定の助動詞
//      その他の助動詞
//      格助詞
//      接続助詞
//      副助詞・係助詞
//      終助詞・間投助詞
//      複合辞の増加
//第五章 近世――江戸時代
//  1 総説――近代語が発達する
//      近世とその言語
//      上方語と江戸語
//      『浮世風呂』に江戸語の位相差を見る
//  2 文字表記――文字が庶民に普及する
//      文字の学習
//      近世の文体
//      漢字と仮名
//      契沖仮名遣
//      濁点・半濁点と句読点
//  3 音韻――現代語の音韻が確立する
//      母音
//      子音
//      合拗音の消滅
//      開合と四つの仮名の混同
//      江戸語の音韻的特色
//  4 語彙――漢語で訳語が造られる
//      代名詞の語彙
//      感動詞の語彙
//      階層によって異なる使用語彙
//      尊敬語
//      丁寧語
//      あそばせ詞
//      謙譲語ほか
//      女性語の発展
//      漢語の尊重
//      漢語による翻訳語
//      オランダ語からの外来語
//  5 文法――近代語法が整備される
//      動詞の活用
//      可能動詞
//      形容動詞
//      推量の助動詞
//      断定の助動詞
//      否定の助動詞
//      態の助動詞とアスペクト
//      格助詞
//      順接の接続助詞
//      逆接の接続助詞
//      その他の接続助詞
//      副助詞
//      終助詞
//      間投助詞
//      複合辞の発達
//第六章 近代――明治時代
//  1 総説――共通語が普及する
//      近代とその言語
//      『あひゞき』に口語体の創出を見る
//  2 文字表記――文字施策が浸透する
//      漢字と訓
//      言文一致体
//      出版の大衆化
//      漢字の廃止論と制限論
//      国語施策と漢字制限
//      当用漢字と常用漢字
//      外来語の表記
//      ヘボン式と日本式のローマ字つづり
//      戦後のローマ字つづり
//  3 音韻――外来語が影響を与える
//      現代日本語の音韻
//      外来語の音韻
//      二拍名詞のアクセント
//      アクセントの型の対応
//      方言アクセントの系譜
//      三拍名詞のアクセント
//      東京アクセントの形成
//  4 語彙――漢語・外来語が急増する
//      新漢語の出現
//      『浮雲』の漢語
//      漢語の増加
//      『浮雲』の外来語
//      外来語の急増
//      現代語の語種
//      待遇表現の語彙
//  5 文法――現代語法が展開する
//      動詞の活用
//      形容詞・形容動詞
//      ラ抜きことば
//      助動詞
//      格助詞
//      接続助詞
//      副助詞
//      終助詞・間投助詞
//      東京語の文末表現
//あとがき
//参考文献
//索引

トップ   編集 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS