#author("2021-04-18T10:15:54+09:00","default:kuzan","kuzan")
#author("2021-04-18T23:15:39+09:00","default:kuzan","kuzan")
[[鮎川哲也]]

昭和39年初出
角川文庫(昭和50年)による

//5 その後にはやった言葉でいってみれば一種の残酷物語でもあった
//6 形容詞過多のあくどい文章
//20 不徳義漢
//23 星野新一
//24 呑み屋横丁
//25 ホンコンシャツ ホンコンズボン ホンコン帽
//26 料理は付録みたいなもんで、泡もりが本誌だ
//27 献立表《ホーチユ》 
p.27 和製英語みたいな名[…]ヒネルトジャーが水道で、ワルトアンデルが饅頭というあれである。
//29 ひと頃南京虫と呼ばれた小型の金時計
p.30 東京にでてから間もないとみえ、おくに言葉が恥かしいのだろうか、終始無言のままで働いている。
//32 舌太郎 馬鹿ッ話
//44 筆稿をしている様子
//48 青線区域 花園神社
//53 内妻
//59 あれを乳歩と読んだものがいました。牛乳の乳です
//69 ドン・キホーテがサッカリンをなめたような楽天家
//69 電車をすてて
//71 稿料
//73 唇をわって皓い歯をみせると
//74 こともな気に
//75 沈舜水、浅野洋
//79 韜晦趣味
//88 生き身で手術をしてもらった
p.89 言葉に訛りがなかったから、わたしは東京近辺の生れだと思っていましたがね
//93 ざるにしろタネものにしろ
//93 手近の横道におれ
//96 即席ラーメンやインスタントのマッシュポテトの袋がおいてある
//99 しみったれた中串なんかではなくて
p.108 風呂屋のことを湯屋と呼んだことに気をとられていたのだ。[…]「風呂に入る」というかわりに「油にいく」などといった。
//117 瘰癧のあとがあった
p.119 廓言葉の目的としたものの一つは、娼婦の出身地をかくすためだったという。[…]「おいどんは薩摩の産でごわす」なんていわれたらどうだろう。あたかも西郷どんと同衾しているような[…]
//121 盲目《めくら》さんがラジオの受信機の修理をやるように
//122 拡開器 開口器とも呼んで
//126 職業がらだけのことはある
//133 活字づらにインクをはき[…]いわゆるゲラ刷り
//136 肩上げのとれない小僧ッ子の彼
//141 ビリヤードを突かぬか
//142 本格派のあれは「探偵小説」ではなくて「探偵綴り方」であるなどと旨いことをいう人もいて  悪文コンプレックスがペン先にまつわりついて
p.143 いささかアクセントの怪しい標準語で
//154 諸孃
//159 フェミニストを誇称する
p.166-7 言葉の訛り 地方育ち 完全な標準語 旋律どおりアにアクセントをつけた「アカトンボ」が東京の発音であって、地方の人はこれを「垢トンボ」というふうに
//169 何がハンサムだ、半サムのくせに。
//172 脱ぎ方にも関西と関東とでは相違があるんだろうか
//179 マンネリズムといわずにマナリスムスなどという言葉を好んで使いたがる
//184 いるけれどもですよ、音楽評論家はジャズには決して
p.193 わたしども満洲の小学校で教育をうけたものは[…]小学五年生になると、手ぐすね引いて待っていた中国語の教師により北京官話をみっちりと叩きこまれる
p.194 日本語のなかに北京語の単語をはさんで意志を通じたりする
//195-6 「珍来軒」なんていう中華料理屋を見かけるが、これは「請来軒」がただしい
//210 ぞくりとしてきた
//214 電話帖
//218 耳ざわりのいい低音 
//219 北京語 上海語
p.224 歯切れのいい東京の言葉で喋りよったから、関西の生まれやおまへん
p.226-7 東北や関西の人とちがって九州人は東京弁をマスターするのが巧い、という話を聞いたことがある
p.230 わかい教師は標準語にちかい言葉でそういうと
p.230 熊本弁というやつは、文字で書けば意がつうじるけれども、妙なイントネーションをつけて早口で喋られると[…]
//233 おどまよりも
//234 いくばくの金をおいて
p.236 ちゃんとした東京弁
//237 疑惑した
//239 わからんもんださかい、[…]でけんのです
//241 環という字は腕輪とか耳環とか
//243 濫読というよりも乱読にちかい勉強ぶりであった
//247 命名ずきのジャーナリズムによって虚無派と名づけられたこの作家
//252 いわれへん[…]よういえまへんわ
p.261 江戸っ子特有のエリート意識が強烈で、ことさら変な日本語をつかう。煙突のことをエンタツ、ジャムパンのことをジャミパンといったり、芝居のことをしばやといったりする
//275 ぼくに似ておでこだけど
//277 ジャンケンポンよ
//278 生きのびれた



トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS