宮本又次
『町人社会の学芸と懐徳堂
https://dl.ndl.go.jp/pid/12042345

はしがき
第一章 学芸史から見た上方と江戸
 一 江戸時代前期の文華と上方の文運
 二 関西の儒学と江戸の儒学
 三 江戸の昌平黌
 四 大阪の懐徳堂
 五 洗心洞
 六 混沌社と泊園書院
 七 大阪の学風と江戸の学風
 八 寺子屋と学問の普及
 九 石門心学から見た大阪と江戸
 一〇 蘭学から見た大阪と江戸
 一一 和学から見た大阪と江戸
 一二 塙保己一と木村巽斉と慈雲尊者
 一三 洒落本と黄表紙と読本
 一四 俳諧からみた大阪と江戸
 一五 狂歌、狂詩から見た大阪と江戸
 一六 茶道からみた大阪と江戸
 一七 絵画からみた大阪と江戸
第二章 懐徳堂の設立と中井甃庵の学風
 一 中井甃庵の生いたち
 二 懐徳堂の創建と中井甃庵
 三 初期懐徳堂の性格と中井甃庵
 四 将軍吉宗の教化策と懐徳堂の許可
 五 初期懐徳堂の構成
 六 初期懐徳堂学問所の公許的性格
 七 その後の懐徳堂と甃庵の逝去
 八 中井甃庵の著述と系譜
 九 中井甃庵の性行と學風
第三章 五井持軒五井蘭洲
 一 五井持軒
 二 三宅石庵と五井持軒
 三 五井蘭洲の生いたち
 四 蘭洲と甃庵
 五 五井蘭洲の東行と帰堂
 六 蘭洲の晩年と死去
 七 蘭洲の経学と学風
 八 一五井蘭洲の著作とその略系図
 九 五井蘭洲の契沖碑文と入江友俊
 一〇 蘭洲の和歌と住友家一族
 一一 五井蘭洲の和学
第四章 中井竹山の業績と学風と『蒙養篇』
 一 中井竹山の生いたち
 二 竹山と懐徳堂
 三 竹山の業績と學風
 四 竹山の人柄と交遊
 五 中井竹山の著述
 六 竹山の経世論と社会経済思想
 七 竹山の利の思想と『蒙養篇』
第五章 中井履軒の学風とその経済思想
 一 中井履軒の経歴
 二 履軒の著作
 三 履軒の業績と学風
 四 中井履軒の経済思想


トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-07-09 (火) 11:34:46