山田俊雄

『講座国語史2音韻史・文字史』 pp.445-529

一 「文字史」を中世以後の時代について試みることの意味
 1 近世の文字を『柳多留』について見る
 2 活字印刷以前と以後
二 現代の文字についての常識と近世の状況
 1 『柳多留』使用漢字と現代当用漢字
 2 同一語の表記法がいつも同一か
 3 漢語は必ずしも漢字表記でなかった
 4 かたかなの役割
 5 踊り字のつかい方


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-02-09 (水) 13:43:23