梶山季之

鹿児島弁?風会話あり
九州弁小説

梶山季之『博多の女』


案内人が、わざと鹿児島弁でしゃべっている。

の後、鹿児島弁について言及。


珍しく標準語だったからだ。


閨房では、鹿児島弁を乱発するのに、ふだんは標準語を喋言《しゃべ》る彼女

!--
濡れそぼちた p.225

  • >

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-10-02 (土) 21:23:47