ほしなこういち

保科孝一『ある国語学者の回想』朝日新聞杜<a href="http://uwazura.cocolog-nifty.com/blog/2006/01/post_c948.html">*</a>
昭和27年10月10日第1刷発行
には、次のようにあり。

blockquote> 明治5年9月20日山形県米沢市に生る。一高?を経て明治30年東京大学?文科大学卒。文科大学助手、助教授から35年東京高等師範学校?教授となり文科大学?助教授を兼ねる。昭和4年東京文理科大学?教授に専任するため東大教授を辞す。昭和15年3月停年制により文理大を退き名誉教授となる。国語調査?の仕事は明治31年文部省嘱託、35年国語調査委員会補助委員となり、爾来文部省における国語調査の事業を担任し、本年3月退官するまで54年間国語改良運動に尽した。その間大正2年より文部省普通学務局国語調査主任、10年臨時国語調査会?委員兼幹事、昭和9年国語審議会委員兼幹事長を歴任。現在国語審議会委員。</blockquote>

~1955.07.02。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-09-29 (水) 15:49:36