字鏡集 七巻或ハ廿巻
 菅原爲長?の著と傳へられ、七卷本奥書?によって寛元頃の作と言はれる。現存本は七卷本(寛元本)の外に二十卷本(応永本)がある。本書は字形引辭書である。漢字を偏旁で分類し、更に偏旁を字義に依って(一)天象部から(十三)雜事部に分類し(寛永本による。応永本はやゝ異る)その音訓は總て片假名で註してゐる。本書は鎌倉時代?古辭書?として同時代の國語研究に重要であり、漢字の偏旁?字義?で分けた事は辭書編纂史上注意すべきである。又音訓の註が總べて假名である事は前出の類書?等に比し日本化したものである。最近本書はその各異本?を對照して出版されてゐる。
【末書】
 * 「字鏡集類字抄出」(或は字鏡集抄出?)一巻寫本? 緑川眞澄?著。字鏡集の訓を抄出して五十音順に配列した索引。
(亀田次郎「国語学書目解題」)

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/kokusyokaidai/s2/kokusyo_si025.html>
   字鏡集 寫本二十卷  菅原爲長
 漢字を偏傍によりて集めたる字書なり。毎字片假名にて音訓を附したり。而して性質を天象、地儀、植物、動物、人體、人事、飲食、雑物、辭字等に分類せり。應永二十四年?丁酉〔二〇七七〕の編成なり。
 ◎菅原為長?は|古人《フルヒト》十三世の孫にして、大學頭長守の子なり。夙に書を善くし、和歌に達し、また朝廷の典故に通ぜり。元暦正治の間秀オに擧げられ、大舍人助右衛門少尉、槍非違使、式部少輔、大内記等を轉歴して、文章博士となり、侍讀式部権大輔、大藏卿等を歴、嘉禎年中、参議兼勘解由長官に任じ正二位に叙せられ、寛元四年?丙午〔一九〇六〕八十九にて薨ず。

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/syomokukaidai/sa/kaidai_sa046.html

野口恒重?
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1189168


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-05-22 (日) 12:59:42